ミドルエイジの方々へ

近年、仕事で書類を見るだけではなくパソコンを使ったり、プライベートでもスマートホンや携帯電話など細かい文字を見る機会が多くなりました。その影響で目の負担も以前に比べて多くなっています。
40歳を過ぎる頃になると、目にも色々とトラブルを抱えた方が増えてきます。
あなたは下記事例の何番にあてはまりますか?

トラブル事例

解決の提案

1. 遠視といわれる目の状態の可能性があります

「遠視とは若いころは全く問題ないのですが、老眼年齢の40代にさしかかる頃に症状が出始めます。原因は調節力という目のピントを合わせる能力の低下によるものです。症状は遠くも近くも見えにくくなることが多く、疲れ目も表れてきます」治療として近くに関しては読書用の眼鏡(老眼鏡)をかけていただく必要があります。遠くに関しては運転などで視力が必要な方は眼鏡が必要になります。
眼鏡が嫌いな方は遠近両用のコンタクトレンズや手術で治療できる場合があります。

■詳しくはこちら

2. 老眼が出てきている可能性があります

多少の個人差はありますが、40代を過ぎると老眼が誰でも始まります。原因は調節力という目のピントを合わせる能力の低下によるものです。症状は近くが見えにくくなることや疲れ目も表れてきます。
治療は老眼鏡をかけていただく必要があります。
遠近両用のコンタクトレンズや手術で治療できる場合があります。

■詳しくはこちら

3. 眼鏡の度数が合っていないかもしれません。また老眼が出てきている可能性があります

遠くを見る度数が合っていないと、適切な眼の状態で近くを見ることができないために見えにくくなってしまいます。治療は眼鏡の度数や眼鏡の種類(遠近両用など)を変える必要があります。

■詳しくはこちら

4. 眼鏡の度数が合っていないかもしれません。また老眼が進んでいるかもしれません

眼鏡の度数は変わらない方もいますが、数か月で変化する方もいます。ですので、視力検査をして調べる必要があります。また遠くを見る度数が合っていないと、適切な眼の状態で近くを見ることができないために見えにくくなってしまいます。治療は眼鏡の度数や眼鏡の種類(遠近両用など)を変える必要があります。

■詳しくはこちら

5. コンタクトレンズの度数が変わってきているかもしれません。また老眼がでている可能性があります

遠くを見る度数が合っていないと、適切な眼の状態で近くを見ることができないために見えにくくなってしまいます。治療は適切なコンタクトレンズの度数にすることや、読書用の眼鏡の処方。眼鏡が嫌な方には遠近両用のコンタクトレンズに変える必要があります。

■詳しくはこちら

6. コンタクトレンズの度数が変わってきているかもしれません。またドライアイになっている可能性があります

遠くを見る度数が合っていないと、適切な眼の状態で見ることができないため、余計に目に負担をかけてしまうことがあります。また年齢と共に涙は減少してきますので、ドライアイになっているかもしれません。
治療は適切なコンタクトレンズの度数にすることや、ドライアイに対応したコンタクトレンズに変える必要があります。

■詳しくはこちら

7. 眼鏡やコンタクトレンズの度数が合っていないかもしれません。また老眼の治療が適切に行われていないかもしれません

遠くを見る度数が合っていないと、適切な眼の状態で見ることができないため、余計に目に負担をかけてしまうことがあります。また年齢と共に涙は減少してきますので、ドライアイになっているかもしれません。

■詳しくはこちら

名古屋アイクリニックが選ばれる理由

  • 治療のバリエーション
  • クリニックの信用度
  • 実績
  • 医師・スタッフ
  • 手術前の検査
  • インフォームド・コンセント
  • アフターケア・保証
  • 医療機器
ページトップへ
レーシック・白内障手術の名古屋アイクリニックトップへ