アレルギー外来

~目とまぶたのアレルギー性疾患を専門的に治療します~


担当医:水野泰子 医師


担当医:長谷川亜里 医師

人の体には、異物の侵入を排除しようとする「免疫」という機能があります。この免疫が、本来無害なはずの花粉などに反応して、体を傷つけることを“アレルギー反応”といいます。

生活環境の変化で花粉症やペット・ダニのアレルギーなどでお悩みの方が増えています。 アレルギー性結膜疾患は、かゆみ、痛み、目がゴロゴロするといった異物感、めやに、涙、充血など、多様な自覚症状を示すことがありますが、軽い症状であることがほとんどです。しかし、だるさ、憂鬱、やる気が出ない、外出がおっくうになる、など日々の生活に大きな影響が出る可能性もあります。

当院では、原因となっているアレルゲンを特定する検査を行って、適切なセルフケアの方法を知っていただくとともに、患者様それぞれの症状にあわせた治療を行っています。

当院の医師は全員角膜の専門医です。他の医師もアレルギーの診療をいたしますので、ご都合のいい日にご予約ください。

アレルギー性結膜疾患とは以下の4種類に分けられます

  • アレルギー性結膜炎
    • 季節性アレルギー性結膜炎(花粉症)
      当院では舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)の相談を受け付けています。
      舌下免疫療法とは、アレルゲンエキスを舌の下(裏側)に投与する新しいアレルゲン免疫療法のことで、原因となるアレルゲン(抗原)を低濃度から投与し始め、徐々に増量していきます。
      毎日投与することで、アレルゲンに対する過敏性を減少することができます。
      >> アレルゲン情報サイト – トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ
    • 通年性アレルギー性結膜炎
      アレルギー性結膜炎は、適切な点眼や内服などの治療を行うこと、と同時に、抗原がはっきりしている場合は、抗原除去(セルフケア)を行うことで症状は軽快します。
  • アトピー性角結膜炎
    アトピー性皮膚炎のある方のアトピー性角結膜炎は、慢性疾患となることが多いので、適切なセルフケアを知っておくことが重要です。
  • 春季カタル
    春季カタル、アトピー性角結膜炎、巨大乳頭結膜炎は上まぶたの裏側に大きな乳頭(隆起)ができ、重症化することがあります(写真)。
    重症な春季カタルでは、手術などの治療が必要となることもありますが、通院を続けて適切な点眼治療を行うことで症状のコントロールが可能なケースがほとんどです。
  • 巨大乳頭結膜炎
    巨大乳頭結膜炎は、コンタクトレンズなどの刺激で生じる場合があります。コンタクトレンズを使われている方は、使用方法が適切かどうかを見直すことが必要です。

セルフケア

原因となるアレルゲンに応じたセルフケアがあります。原因となりうるアレルゲンの検査をご希望の方は、ご相談ください。

検査

アレルギーの重症度や、現在アレルギー性の結膜炎が起こっているのかどうかを、涙液や血液の検査結果から総合的に判断します。

症状が強い方、少しでも薬物療法に頼らずに症状を軽くすることを望まれる方は、アレルゲンを特定する検査をおすすめします。

治療

  • 点眼薬
    • 抗アレルギー点眼薬
    • ステロイド点眼薬
    • 免疫抑制点眼薬
  • 眼軟膏
  • 内服薬
  • 外科的治療
    • 薬物治療では症状が改善しない重症な症例に対して、ステロイド結膜下注射、結膜乳頭切除、角膜プラーク切除などの外科的治療を行う場合があります。

名古屋アイクリニックが選ばれる理由

  • 治療のバリエーション
  • クリニックの信用度
  • 実績
  • 医師・スタッフ
  • 手術前の検査
  • インフォームド・コンセント
  • アフターケア・保証
  • 医療機器
ページトップへ
レーシック・白内障手術の名古屋アイクリニックトップへ