当院の女性医師3人が、日々の診療や身近で起こったことについて語るコラムです。

『ダメ親!?』

副院長 吉田陽子

もうすぐ、桜が咲きそうですね。
我が家には、高校3年生を筆頭に3人の子供がいます。
春休みを利用して、次女は3月11日から、一番下の息子は3月25日から、オーストラリアの別の都市に、それぞれホームステイに出かけていきました。たくさんのことを学んで、人間として成長してほしいと思っています。(親のありがたみが分かるといいなあ・・と虫の良いことを考えています)

普段、子供が3人いると、どこかで誰かが揉めていて喧嘩ばかりしています。また、私も“早くしなさい!”“何をしているの!”と一日中怒鳴ってばかりです。ところが、2人留守だと、長女も喧嘩をする相手がいないため、家は非常に静かです。長女だけであれば、私も心に余裕が生まれ穏やかでいられます。

しかし、数日経ち、ちょっと淋しいような気がしてきました・・・

子育てをしていると、思うようにならないことばかりで悩みはつきません。イライラも募ります。しかし、恐らく、約5年から10年ぐらいで、皆家を出ていくはずです。(出ていってもらわなくては困ります・・)
自立した社会人となれるよう、伝えたいことがまだまだたくさんあります。夫から言わせると、私は子供たちにかなり甘い“ダメ親”なのだそうです。

帰ってくるまでもう少しあるので、今のうちに休息をとり、鋭気を蓄えておかなければ・・・


名古屋アイクリニック
副院長 吉田 陽子

【略歴】

  • 1995年 福島県立医科大学卒業
  • 中京病院勤務を経て、現在、名古屋アイクリニック副院長
  • 日本眼科学会認定眼科専門医

【専門分野】
手術をはじめとする屈折矯正、角膜疾患に対するレーザー治療、コンタクトレンズ治療、眼精疲労治療、子どもの目の治療

【所属】
日本眼科学会、日本眼内レンズ屈折手術学会、日本コンタクトレンズ学会、日本眼科手術学会

中村院長ブログ 小島医師 公式サイト スタッフブログ

名古屋アイクリニックが選ばれる理由

  • 治療のバリエーション
  • クリニックの信用度
  • 実績
  • 医師・スタッフ
  • 手術前の検査
  • インフォームド・コンセント
  • アフターケア・保証
  • 医療機器
ページトップへ
レーシック・白内障手術の名古屋アイクリニックトップへ