当院の女性医師3人が、日々の診療や身近で起こったことについて語るコラムです。

『アレルギーについて』

医師 長谷川亜里

花粉症の季節ですね。
私自身はスギ花粉症ではありませんが、外来の診察でスギ花粉の飛散状況を実感したりしています。

さて、アレルギー疾患を持つ患者さんは年々増加傾向だそうです。小学生の食物アレルギーは約4.5%と言われていますが、これはH16年の調査の1.7倍になるそうです。また、重篤な症状であるアナフィラキシーショックの既往は約0.5%とH16年の3.6倍と、重症な患者さんも増えているということがわかります(文部科学省HPより)。

アトピー性皮膚炎の発症予防には、皮膚の「保湿」が有効であると言われています。皮膚のバリア機能が低下したところから侵入した抗原が、アレルギーを起こしやすいと考えられているためです。私も、息子が赤ちゃんの頃から肌の保湿には力をいれていますよ。保湿のみで完全に予防できるわけではないですし、日々の積み重ねが必要ですが、簡単にできることですので、小さなお子さんのいるご家庭は、取り入れられてはいかがでしょうか。

アレルギーは、生命に関わることがない場合が大半である疾患ですが、QOL(生活の質)に大きく影響を与えますので、できるだけ発症を避けたい、症状を改善させたいものですよね。


名古屋アイクリニック
医師 長谷川 亜里

【略歴】

  • 2006年 山口大学医学部卒業
  • 大雄会病院を経て、現在は中京病院勤務
  • 日本眼科学会認定眼科専門医

【所属】
日本眼科学会、日本眼内レンズ屈折矯正手術学会、日本角膜学会

中村院長ブログ 小島医師 公式サイト スタッフブログ

名古屋アイクリニックが選ばれる理由

  • 治療のバリエーション
  • クリニックの信用度
  • 実績
  • 医師・スタッフ
  • 手術前の検査
  • インフォームド・コンセント
  • アフターケア・保証
  • 医療機器
ページトップへ
レーシック・白内障手術の名古屋アイクリニックトップへ