角膜外来(円錐角膜など)

~角膜外来では、角膜疾患全般の治療を行っています~

角膜外来では、ドライアイ、重症アレルギー、難治性角膜ヘルペス、円錐角膜など角膜疾患全般の治療を行っています。 角膜手術もエキシマレーザーを用いたPTK(治療的角膜切除術)からフェムトセカンドレーザーを用いた角膜移植術まで、幅広く行っています。 とくに最近は、円錐角膜の診療に力を入れており、下記のような様々な治療を行っています。

担当の小島隆司医師は円錐角膜の専門医で、クロスリンキングの研究などを学会で発表し、国内外で認められています。ボストンレンズについては留学中に学び、当院は国内で唯一処方のできるクリニックです。

また、円錐角膜に対する理解や新しい治療についての認知度向上の為、眼科医に対して全国学会、地方学会にて講演活動も行っています。

<講演活動>

  • ■2015年6月15日岐阜県眼科医会談話会
    円錐角膜アップデート~最新の診断から治療まで~
  • ■2015年6月19日JSCRS総会
    インストラクションコース「実践! 円錐角膜診療 診断から治療まで」
    一般講演「角膜クロスリンキングの初期・中期成績の報告」
  • ■2015年10月23日 第69回日本臨床眼科学会
    一般講演「進行性円錐角膜症例における角膜クロスリンキング前後の角膜の生体力学特性の変化」

<眼科雑誌への寄稿>

  1. 眼光学的側面からみた円錐角膜の診断と治療 小島隆司 視覚の科学 Vol.37(2016) No.1
  2. 円錐角膜眼におけるプラチドリング方式と前眼部OCT方式の角膜形状解析装置の測定値の比較  日本視能訓練士協会誌(0387-5172)44巻 Page149-156(2015.12)
  3. 新しい検査機器の読み方 Corvis ST IOL & RS(1341-3678)29巻3号 Page414-418(2015.09)
  4. 進行性円錐角膜に対して行った角膜クロスリンキング術前後における角膜形状変化の検討 日本視能訓練士協会誌(0387-5172)43巻 Page227-232(2014.12)
  5. ボストンレンズの処方における視能訓練士の役割 日本視能訓練士協会誌(0387-5172)38巻 Page265-270(2009.11)

~担当の小島医師より~

医師 小島隆司

円錐角膜の初診患者様は10~20歳代の方が多く、初めて診断された病気が円錐角膜という方も多いです。このため、非常に深刻な面持ちでご両親と一緒にいらっしゃる印象があります。現在円錐角膜は、適切に治療していけば大きく困ることはない病気になってきました。治療内容は、患者様と相談して納得していただいた上で決めていきたいと考えていますので、不安のない状態で過ごせるように、心配なことは診察の際にご遠慮なくお聞きください。

>> 小島隆司医師

>> Dr. Kojima(小島隆司医師)の「角膜外来日記」

円錐角膜治療

角膜がもともと弱いために、眼内の圧力に負けて徐々に突出してきてしまう病気が円錐角膜です。レンズの働きをする角膜が歪むため、進行すると視力が下がります。 10~20歳代で発症することが多く、見づらくなってメガネを作り直そうとして、メガネで矯正できないと言われ、眼科に紹介されることが多いようです。

<自然経過>

円錐角膜は若いほど進行しやすく、進行とともに視力が低下するとメガネでは矯正できなくなります。アトピー性皮膚炎やアレルギー性結膜炎で目をこする癖のある方は、進行が早いと言われています。

<治療>

円錐角膜の治療は、進行予防治療と屈折矯正(視力矯正)治療に分かれ、適切な時期に適切な治療を受けることが非常に重要です。治療は以下のような流れです。

円錐角膜治療の流れ

各種ハードコンタクトレンズ

円錐角膜が進行すると、ハードコンタクトレンズでの視力矯正が必要になります。若いうちからハードコンタクトレンズに慣れて使えるようになっておくことが重要であるため、装用指導も含めて重点的に処方しています。軽症の方から重症の方まで対応できるように数種類の円錐角膜用レンズを扱い、どうしてもハードレンズに馴染めない方には、ソフトコンタクトレンズの上にハードコンタクトレンズを乗せるピギーバックという方法を用います。これで多くの方は異物感なく装用することができます。

ボストンレンズ

小島医師が、留学していたボストンで学んで取り扱いを始めた特殊コンタクトレンズで、名古屋アイクリニックはアジアでの拠点となり海外からの患者様にも処方しています。 このレンズは角膜に触らず強膜(白目の部分)で支えるため、異物感がほとんどないのが利点です。円錐角膜の重症度が高く、長時間ハードコンタクトレンズが装用できない場合や、若いうちは通常のハードコンタクトレンズができたが、年齢とともに目がすぐに痛くなり装用できなくなった場合に処方しています。基本的にはずれることがありませんので、仕事内容などによって、通常のハードコンタクトレンズがずれて装用しづらい方にも処方しています。ただし、円錐角膜の場合、視力は通常のハードコンタクトレンズと同等で、ボストンレンズで視力が劇的に改善するわけではありません。このコンタクトレンズは厚生労働省未認可の治療ですので、当院の倫理委員会承認後に自費診療として処方しています。
両眼\480,000円、片眼\250,000円(1年間の診察料込)です。

角膜クロスリンキング(進行予防治療)

角膜の強度を高めるための治療です。視力は若干改善傾向にありますが、基本的に進行予防の治療であるため、著しい改善は期待できません。このため、進行期にあたる患者様に対して、重症化を防ぐことを目的として行います。 欧州では標準的な円錐角膜の治療ですが、日本ではまだ厚労省未認可であるため、当院では倫理委員会の承認を得た上で、自費診療で治療を行っています。 アメリカAvedro社製の最新の角膜クロスリンキング器機KXLシステムを導入し、従来のクロスリンキングでは30分間必要であった紫外線の照射時間を、およそ5分まで短縮した高速クロスリンキングを行っています。
自費診療で、片眼\200,000(税込\216,000)です。

角膜リング

角膜リングは、角膜内に透明なリングを入れて、角膜の形状を改善させ、乱視などの角膜の歪みを矯正する方法です。ハードコンタクトレンズが装用できず、少しでも裸眼視力を改善させたい方に適しています。ただし角膜リングでの矯正効果はハードコンタクトレンズよりは劣るので、重症度が高い方には不向きです。またハードコンタクトレンズのフィッティング改善という目的で手術する場合もあります。円錐角膜の方は、角膜が突出しているために同じ場所がコンタクトレンズで擦れて傷ができ、痛くなったり角膜が白くなって見づらくなることがあります。この手術で角膜の突出を和らげ、コンタクトレンズが乗りやすくすることもできます。 当院では現在、フェムトセカンドレーザーを使用して角膜リング手術を行っています。フェムトセカンドレーザーを使用することで、安全かつ正確にリングが挿入できます。
自費診療で、片眼\220,000(税込\237,600)です。

トーリックICL

円錐角膜の進行が止まっている方向けの屈折矯正方法です。ICLは、厚生労働省承認の有水晶体眼内レンズです。この治療は、メガネでもある程度視力が出る方が対象です。

日帰り角膜移植術

ハードコンタクトレンズでも視力が十分に矯正できない場合、フェムトセカンドレーザーを用いて、日帰り角膜移植を行っています。レーザーを用いることで、ドナー角膜とレシピエント角膜をぴったりと合わせることができ、移植によって生じる新たな乱視を最小限に抑えることができます。 手術時間は約1時間で、深層角膜移植術という、角膜の悪い部分のみを取り替える、拒絶反応が起きにくい術式を採用しています。
入院をご希望の方は、岐阜赤十字病院(岐阜市)、JCHO中京病院(名古屋市)にて小島医師による執刀が可能です(ただしこの場合、レーザーは使用できません)。
現在までに50人以上の日帰り手術を行いましたが、その方々にアンケートした結果、ほとんどの方がもう一度受けるとしても日帰り手術を希望すると回答されています。
角膜は国内ドナー及び海外ドナー(アメリカ、シアトルのアイバンクと提携)のどちらかが選択できますが、国内ドナーは手配が難しく、ご希望どおりに日程が決められない場合もあります。

円錐角膜の検査とは?

円錐角膜で大切なのは円錐角膜の診断と重症度の判定です。当院では角膜の表側と裏側の両方が測定できる角膜形状装置-前眼部OCT(CASIA)を用いて診断を行っています。

CASIAの典型的な写真

円錐角膜と診断された後も、角膜形状装置CASIAを用いて定期的に進行をしっかりチェックしていく必要があります。

Difference map

円錐角膜に合併するアレルギーの治療について

円錐角膜はアトピー性皮膚炎やアレルギー性結膜炎を伴っていることが多く、これが十分に治療できていないと、眼をこすることによってさらに円錐角膜が進行することもあります。以前はステロイドの治療がメインであった重症アレルギーも、免疫抑制薬の点眼を組み合わせて、副作用を抑えて治療ができるようになってきました。難治性のアレルギー性結膜炎治療も行っていますので、お気軽にご相談ください。

円錐角膜に合併する眼瞼下垂の治療

円錐角膜は長期間のハードコンタクトレンズ装用が必要になるため、年齢とともに眼瞼下垂になることが比較的多いと言えます。そのような場合は炭酸ガスレーザーを用いた小切開眼瞼下垂手術を行っています。

当院への受診について

円錐角膜の専門治療が行える施設が全国で限られていることもあり、遠方から来院される方も多い状況です。近隣のホテルのご案内なども行っていますので、お気軽にお問い合わせください。治療後はお近くの眼科でのフォローアップが可能な場合もありますので、ご相談ください。

名古屋アイクリニックが選ばれる理由

  • 治療のバリエーション
  • クリニックの信用度
  • 実績
  • 医師・スタッフ
  • 手術前の検査
  • インフォームド・コンセント
  • アフターケア・保証
  • 医療機器
ページトップへ
レーシック・白内障手術の名古屋アイクリニックトップへ