ドライアイ外来

目の乾燥でお悩みの方は、お気軽にご相談ください


担当医:小島隆司 医師

目を10秒間、開けていられますか?10秒開けていられない場合は、ドライアイ(主な症状としては、乾き、疲れる、まぶしいなど)の可能性があります。
涙の量が多くても、蒸発するタイプのドライアイがあり、知らない間にドライアイになっていることもあります。

Dr. Kojima(小島隆司医師)の「角膜外来日記」

ドライアイの治療


モバイルペン型マイボグラフィー(※)

ドライアイは、様々な原因によって起こる病気です。涙腺の障害(水分が不足するタイプ)、マイボーム腺機能不全(油成分が不足するタイプ)、コンタクトレンズ関連、パソコン作業などVDT作業(コンピューター作業)に関連するものなどです。ドライアイ外来では、患者様の問診、目の状態、検査結果から原因を考え、それに対して治療を行っています。

治療としては各種点眼、自己血清点眼、ボストンレンズ、涙点プラグ、マイボーム腺マッサージなどを行っています。 最近では、コンタクトレンズが乾燥により使いにくいという患者様も多く来院されます。コンタクトレンズの種類を変更したり、目薬と併用するだけで快適に装用できるようになる方もいらっしゃいます。 目の乾燥でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

※ マイボグラフィ―:当院ではマイボグラフィ―を使用して、赤外線光でマイボーム腺を観察し、涙の一成分である油の分泌を調べています。

名古屋アイクリニックが選ばれる理由

  • 治療のバリエーション
  • クリニックの信用度
  • 実績
  • 医師・スタッフ
  • 手術前の検査
  • インフォームド・コンセント
  • アフターケア・保証
  • 医療機器
ページトップへ
レーシック・白内障手術の名古屋アイクリニックトップへ