~あらゆる視力回復手術から白内障手術、一般眼科診療全般に対応~

当院は、レーシック以外にも、近視・遠視・乱視・老眼などを矯正する、あらゆる視力回復手術に対応可能です。80歳までにほとんどの方が発症するといわれる白内障の手術に関しても多数の症例をこなしており、白内障の『多焦点眼内レンズ手術』については、厚生労働省から承認された先進医療実施医療機関でもあります。また、緑内障から糖尿病網膜症、加齢黄斑変性症まで一般保険診療も行っていますので、目のことなら生涯おまかせください。

あなたの視力を生涯サポートします

1. 視力回復手術の比較表

視力を回復し、裸眼での生活をご希望される方へ。近視・遠視・乱視・老眼など、患者様の目の状態やご希望・ライフスタイルに合わせ、最適な治療をご提案いたします。

手術種別 ReLEx smile(リレックス スマイル) VISUレーシック(ビジュレーシック) ラセック フェイキックIOL ミドルエイジレーシック
こんな方に ・最新技術と安定した視力を追求される方
・ドライアイの方
・接触の多いスポーツをする方
・フラップのずれが心配な方
・見え方の「質」と高い安全性を重視される方
・角膜が薄い方
・格闘技などのスポーツをする方
・角膜が薄い方
・強い近視、乱視の方
・角膜の形状に問題がある方
・角膜を削ることに抵抗がある方

・40歳以上の方で、老眼の症状があるものの老眼鏡をかけたくない方
フラップ(※1)作成法 フェムトセカンドレーザー
※2(薄く希釈したアルコール)
フェムトセカンドレーザー
屈折矯正法 フェムトセカンドレーザーで角膜切片(レンチクル)をつくって取り出す エキシマレーザーで角膜を削る エキシマレーザーで角膜を削る 角膜に切れ目を入れて眼内レンズICLを挿入する エキシマレーザーで角膜を削る
見え方の質 ★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★★ ★★★★
視力の安定性 ★★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★★ ★★★★
夜間の視力 ★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★
視力回復スピード 約2~3日 翌日 1週間 翌日 翌日
術中・術後の痛み もっとも軽い レーシックより軽い やや強い 軽い 軽い
ドライアイへのなりにくさ ★★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★★ ★★★★
外部からの衝撃への強度 ★★★★★ ★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★
手術にかかる時間(片眼) 8分 10分 10分 10~15分 10分
近視
遠視 ×
乱視
老眼
手術費用(両眼)税込 \367,200 \334,800 \280,800 \756,000~(レンズ込) \334,800
  • ※1. 角膜につくるフタ状のもの
  • ※2. 薬液に浸し角膜上皮をシート状に薄くはがします

2. オルソケラトロジー(手術しない視力回復術)

手術をしない視力回復術です。レーシックが受けられない10代の方におすすめの視力矯正法。
特殊なハードコンタクトレンズを夜寝ている間だけ装用することで、日中は視力が回復し、裸眼で生活できるようになります。

  内容
こんな方に ・レーシックが年齢的に適応しない20歳以下の方
・手術に対して抵抗を感じる方
・軽度~中等度(-4D程度)の近視の方
メリット ・成長期の子どもには近視の進行を抑制する効果があるともいわれている
・コンタクトレンズの使用が適さない、格闘技や水泳などのスポーツを裸眼でできる
・装用を中止すればもとの状態に戻すことができる

手術説明会

3. 白内障治療

白内障手術は日帰り手術が主流となっています。ご希望から1カ月以内に、手術を受けていただくことができます。*レンティスはレンズが届くまで3カ月ほどかかる場合があります。

レンズの種類 見え方 手術費用
単焦点眼内レンズ
(一般的な白内障手術)
「遠く」か「近く」 どちらか一方にピントが合う 保険診療
両眼 \40,000〜120,000
(1~3割負担の場合の自己負担額)
多焦点眼内レンズ
(厚生労働省承認の先進医療)
「遠く」も「近く」もよく見える 先進医療(自己負担分)
両眼 \850,000
プレミアム多焦点眼内レンズ
『レンティス』
「遠く」と「近く」だけでなく中間距離も自然に見える 全額自費診療(税込)
両眼\810,000~918,000(乱視あり)
プレミアム多焦点眼内レンズ
『ファインビジョン』
「遠く」と「近く」と「中間距離」の3点に焦点が合う 全額自費診療(税込)
両眼\842,400~950,400(乱視あり)

4. 一般保険診療

一般の保険診療も行っています。目に関するお悩みは、何でもご相談ください。円錐角膜・ドライアイ・眼精疲労などの専門外来も設けています。また子どもの近視抑制の相談にも応じています。

各種手術

治療法 対象疾患
白内障手術(単焦点) 白内障・乱視
後発白内障手術 後発白内障
レーザー虹彩切開術 緑内障の予防
ボトックス 眼瞼痙攣、顔面痙攣
網膜光擬固術 網膜裂孔、網膜格子状変性症、網膜周辺部変性症、糖尿病性網膜症、網膜中心静脈閉塞症

翼状片手術

翼状片
角膜切除術(PTK) 角膜変性症、角膜混濁、角膜びらん
眼瞼内反症手術 逆まつげ
角膜移植術 角膜混濁、水疱性角膜症、円錐角膜

特殊外来、その他

  対象疾患 診療日
特殊外来 眼精疲労 毎週火曜日 担当医:吉田
角膜 毎週月曜日 担当医:小島
円錐角膜(KCL) 毎週水曜日、月1回土曜日 担当医:小島、水野
アレルギー 毎週水曜日、月1回土曜日 担当医:水野、長谷川
近視 毎週水曜日、月1回土曜日 担当医:水野
コンタクトレンズ 随時
ドライアイ 随時
その他 緑内障・加齢黄斑変性症 随時
眼科全般 随時

名古屋アイクリニックが選ばれる理由

  • 治療のバリエーション
  • クリニックの信用度
  • 実績
  • 医師・スタッフ
  • 手術前の検査
  • インフォームド・コンセント
  • アフターケア・保証
  • 医療機器
ページトップへ
レーシック・白内障手術の名古屋アイクリニックトップへ