コンタクトレンズとの料金比較

~生命保険給付金、社会保険・税制面の制度が利用できる場合があります~

医療費控除について

レーシック・ICLなどの自費診療も医療費控除の対象になります。

1年間に支払った医療費の合計が10万円を超えた場合、最高200万円の所得控除が受けられる制度です。生計をともにするご家族が支払った医療費も含まれ、翌年分から住民税が控除される場合もあります。

<計算式>

医療費控除の対象となる金額*1 = 医療費の合計額*2 - 保険金などで補てんされる金額 - 10万円*3

*1 上限は200万円です。

*2 ご本人または生計をともにするご家族が支払った医療費の合計で、1年間(1月1日~12月31日)に支払った医療費が10万円を超えること。

*3 その年の所得金額の合計が200万円未満の場合は所得金額の5%。

医療費控除に関する事項を記載した確定申告書と以下のものを、所轄税務署長に提出してください。

  • 医療費の支出を証明する書類(領収書など)
  • 還付金を受け取るご本人名義の口座番号(本人名義)
  • 印鑑
  • 給与所得のある方は、給与所得の源泉徴収票(原本)
  • 生命保険料、介護医療保険料及び個人年金保険料の支払いがある場合は、その証明書
  • 高額療養費制度について

    手術などで、1ヶ所の医療機関に支払った医療費が高額となった月に、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が払い戻される制度です。

    【注意事項】
    限度額は収入によって異なります。保険証の発行元にご確認ください。

    生命保険給付について

    生命保険・医療保険に加入されている方は、手術給付金がおりる可能性があります。

    【注意事項】
    ※契約内容や加入時期によって条件が異なります。手術給付金の対象になるかどうか、給付額など、詳しくは加入されている保険会社へお問合せください。

    名古屋アイクリニックが選ばれる理由

    • 治療のバリエーション
    • クリニックの信用度
    • 実績
    • 医師・スタッフ
    • 手術前の検査
    • インフォームド・コンセント
    • アフターケア・保証
    • 医療機器
    ページトップへ
    レーシック・白内障手術の名古屋アイクリニックトップへ